不安の中で


久しぶりに土日はお互いの予定がなく
二日とも朝からずっと一緒にいられる~って
想っていたのに
ゆたくん 土曜の朝イチで床屋にいくって。。。
金曜の仕事帰りに行けば
土日はゆっくり出来るよって言ったのに
疲れたからって金曜は行かず。。。
そう想ってるのはながれだけなのかなぁって
なんだかちょっぴり寂しくなったりして。
それでも やっぱり少しでもゆたくんと一緒にいたくて
いつも通りゆたくんのお部屋に行って ひとりお留守番。
ゆたくんも 想ったより早く床屋から帰って来てくれて。
遅めの朝ご飯を食べたあと
いつもならながれが速攻でゆたくんを求めちゃうんだけど
何となく気後れして
恐る恐るゆたくんのお●●●をなでなで。。。
お風呂入ろう
お風呂に入って 初めて ゆたくんにキスキスキス。。。
ながれ 1週間ずっとおかしかったぞ。
寝れないって 夜中にメールよこしたり。
何回も電話かけたり。
バカだな。ホント バカなんだから。
夜中に 俺が女連れ込んでるって 想ったのか?

そんなことは想ってない・・・
自分でも気にしてないつもりだったんだけど
目を閉じると あの場面がうかんで 消えなかったの・・・
眠れなかったの。。。

バカだな。。。
でも 不安にさせたのは俺だからな・・・ ごめんな。
今日は 俺のために 俺がその気になるような化粧して来たんだろ。
見ろ。 興奮してるだろ。
俺のために化粧して 俺に抱かれにきたんだろ。
俺は好きな女しか抱かない。
俺は ながれしか抱かないんだ。
愛してるよ。

ゆたくんとあうまで 何ともいえない不安を抱えてたけど
ゆたくんが そんなながれをちゃんとわかってて
きちんと真正面から気持ちを受け止めてくれて
嫌がらずに 誠実に 受け止めてくれてるって わかった。
それが ひしひし伝わって
ゆたくんに 激しく愛してもらって
やっと やっと 自分の世界に戻ってこれた感じです。。。
すごく 嫌なながれだったのに ちゃんと受け止めてくれて
すごく嬉しかった。
やっぱり ゆたくんを好きで良かった。
きちんと応えてくれる 彼で良かった。
ゆたくん 愛してます。