誰が何と言おうと

誰が何と言おうと ゆたくんは男前だと想う。

そういうながれに ゆたくんは

俺は男前なんかじゃないよ

といいます。

認められるわけないよ。格好悪いし

って 認めません。

確かに 見た目だけなら 男前ではないです。

(ながれ ひどいっ!!)

でも 男前って・・・見た目だけじゃないよね。

格好悪い 無様な生き様だと ゆたくんはいうけれど
それでも 前をむいて歩いてる。

離婚は失敗じゃない。

結婚当時の御殿を退職金で清算し

0からの人生の再スタートをきって

まだはじまったばかりだけど

ながれと出逢って ながれの子ども達のことも考えてくれてる。

実の父親でさえ無視する養育費を
ゆたくんは 出来るだけながれに渡すから って言ってくれてる。

いつも子ども達のことを気遣ってくれて 慈しんでくれている。

こんな 男前いないよ。

ながれだけ そう想っててくれればいいよ。

もちろん! 誰が何と言おうと ゆたくんは男前なんじゃけぇ~。

誰からみても ゆたくんは男前だって ながれは想ってるから。。。