粗食のすすめ。


この1年で少しずつ実り^^;
(この少しずつ~というのが曲者で)
何とか 元の体重に戻したいと想い
図書館から「粗食のすすめ」(幕内秀夫著)を借りて読みました。
私は医者ではないので 断言はできませんが
共感できる部分が多く
『日本人の体質に合う食事はやっぱり「和食」。
戦後 食生活が欧米化・国際化され 体質に合わない食事をしてきたこと また
 戦後 精製食品(加工された肉・切り身の魚・精製ずみの砂糖、塩、米、小
麦・・・)ばかりになり さまざまな微量の栄養素がカットされてしまっている
ことにより 生活習慣病・アレルギー性疾患などが増えてきた。』
ということに深く共感しました。
私も読後は 食生活を見直す努力をしているのですが
お店の食品売り場をみると 本当に精製されたものばかりです。
ライフプラスのサプリメントで補うとしたら
「デイリーバイオ」と「プロアンセノルズ」+「マイクロミンズプラス」
おススメです。
ライフプラス *青空 流*

粗食のすすめ

粗食のすすめ
著者:幕内秀夫
価格:500円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

この本では 和食が推奨されているのですが
和食=手が込んでる~とか 手間がかかる~とか
想われがちですが
考えてみると 普段家庭で作られる洋食料理よりは
とてもシンプルで簡単だ
というのが 試してみて感じているところです。
<基本>
朝 ご飯・味噌汁・漬物(納豆・のり~などのご飯の友)
  余裕があれば副食に 季節野菜1品・魚
昼 お蕎麦・うどんなどシンプルな和食
  お弁当の場合は 肉類が少な目
夕 朝ご飯と同じ
という とってもシンプルなもので良いそうです。
本では 「とにかくご飯を食べておかず少な目」~という
本当にシンプルな食生活をすすめていて
飽きがくるかもしれませんが(笑) 料理する側もすごく楽
というのが 印象でした。
我が家も早速 ご飯の友を大量に食卓に並べ
ご飯をたくさん食べられるよう
おかずも少な目にして はじめてみました。
ただ 育ちざかりの子どもが4人いるので
毎日このシンプルな食生活じゃ物足りないだろうと
週に2回くらいは がっつり系のメニューも入れよう(笑)
と 想っています。 (⌒▽⌒)