チョコレート♪


今朝のNHKの『あさイチ』で
チョコレート特集してました♪
バレンタインだもんね♪^^
チョコレートの意外な いいところ特集をしてて
チョコ好きの私は ちょっと嬉しくなりました♪
チョコレートやココアの主原料のカカオ豆。
学名は、あおぎり科 テオブロマ属 カカオ
Stercurliaceae Theobroma Cacao (Linnaeus)
というそうです。
テオブロマとは
「神様のたべもの」という意味があるそうで
メキシコ・アステカ族の神話に由来します。
昔は王様や貴族 あるいはお金持ちだけの
貴重な食べ物だったそうです。
今日の特集では そんなカカオの成分
亜鉛の治癒力を高める働きで
医療の現場で使われている~という話をしていました。
マウス実験で 同じように傷をつけ
ココアを与えたマウスと
ココアを与えないマウスを比較したら
ココアを与えたマウスの方が治癒が早く
傷口もふっくらしている写真が紹介されていました。
他にも チョコレートには
がんや動脈硬化など様々な病気の原因といわれる活性酸素を抑える働きのある
ポリフェノールが多く含まれています。
カカオ・ポリフェノールは
動脈の繊維にコレステロールがたまったり
LDL-コレステロールが酸化を受けて動脈硬化が進むのを防ぐことが
ラットや人によって確かめられています。
また 身体的にストレス状態にあるラットに
カカオ・ポリフェノールを与えたところ
ストレスにうまく適応することがわかりました。
つまり 心理的ストレスにたいしても抵抗力が強まることが確かめられたのです。
さらに アトピーや花粉症などのアレルギーも
カカオ・ポリフェノールを摂ることで
アレルギーの原因となる活性酸素の過剰な働きがおさえられたそうです。
チョコレートの主原料である
カカオ豆にはまだまだ健康に良い働きが報告されています。
疲れた時には 甘いチョコが欲しくなりますが
糖分は ミネラルを消耗してしまうので
おやつには なるべく ビターなチョコを選ぶと良いかも知れませんね♪